妊娠中の女性は要注意!赤ちゃんの健康を左右する母親の歯周病菌

現在妊娠中の方、もしくは妊娠を望んでいる方、歯茎の状態は良好ですか? 妊娠時に母親が歯周病を患っていると、赤ちゃんの健康に支障をきたすことがあると言われています。そのような事態を防ぎ、赤ちゃんに健康な状態で人生のスタートを切ってもらうためには、母親が歯周病について正しい知識を持つことが必要です。

歯周病とは?

口腔内の清掃を怠ると、多くの細菌が歯の周りに停滞し歯垢(しこう)が形成され、歯茎が炎症を起こします。歯垢は放っておくと硬くなってしまい、ブラッシングでは除去できない歯石が形成されます。歯に付着した歯石やその周辺には実に多くの細菌が潜み、歯石を除去しないでおくと、歯を支える骨は次第に溶けていきます。こうして歯は支えを失い、しまいには抜けてしまうこともあるのです。

 

妊娠時は歯周病になりやすい!

妊娠中に歯肉炎になりやすい理由に、女性ホルモン値の増加が挙げられます。特に歯周病菌は女性ホルモンのエストロゲンを好み、繁殖を促す結果となります。このように歯周病菌が増加することで、歯茎は炎症を起こしやすくなるのです。それに加え、妊娠前期にはつわりがあるので、歯ブラシを口腔内に入れると吐き気を催します。そのために口腔内のクリーニングがきちんとできていないと、歯周病菌にとって絶好の繁殖環境が作り出されてしまいます。

早期出産の危険

自分の口腔内だけに留まるならまだしも、歯周病菌はお腹の中の赤ちゃんにまで被害を及ぼすことが分かっています。口腔内に多くの細菌がいると、炎症を抑えるためにサイトカインというタンパク質が分泌されます。それが血管を通じて子宮に到達し、子宮が収縮する原因を作り出すことで、赤ちゃんが押し出されてしまうのです。

歯周病を患う人は、そうでない人よりも7倍以上早産のリスクが高いということが、アメリカの調査で明らかになっています。また、その危険はタバコやアルコールを摂取している人、高齢の人が出産するよりも高いのです。

さらに別の調査では、歯周病と早産の関係性を強く示す結果が出ました。チリで歯周病に悩む400人の妊婦に治療を行ってみたところ、早産や低体重で生まれた赤ちゃんの割合がおよそ5分の1に減少しました。早産で生まれてきた赤ちゃんの場合、さまざまな病気にかかる危険性が高まります。母子両方の健康のためにも、早産となる可能性をできる限り避けなければなりません。

健康な赤ちゃんを産むために

大切なのは常に清潔な口腔ケアを保つことです。ブラッシング時に出血したり、歯茎が腫れたりしているのを確認したら、すぐに歯科医院へ行きましょう。歯周病の予防に努め、いつでも赤ちゃんを授かってもいい状態でいましょう。

しかし、十分なケアができていないまま妊娠をし、それから口腔内の異常に気が付く方も多いと思います。歯茎が腫れている程度でしたら、歯科医院でのクリーニングと日々の自宅での正しい清掃で状態は良くなります。妊娠初期や後期に痛みや不安を感じて診察を受けても、一般的には応急処置程度の対応になります。しかし、妊娠中期(安定期)になれば、多くの方が問題なく歯科医院での治療が受けられます。

特に妊娠初期はつわりがひどかったり、流産のリスクが高かったりするため、治療による緊張状態は避けたいところです。健康な赤ちゃんを産むためにも、安定期に適切な治療を受け、不安を解消したうえで分娩に望みましょう。

産後の口腔内ケア

歯周病予防・治療はもちろん産後も大切です。無事に赤ちゃんが生まれたからと言ってケアをやめてしまわず、日々の清掃、メンテナンスは続けるようにしましょう。親の使ったスプーンなどを赤ちゃんが使うことで、菌は感染します。なるべく家族全員が清潔な口腔内を維持できるよう心掛け、赤ちゃんへの感染を防ぎましょう。

 

いかがでしたか?

タカラベルモントでは、先生と一緒にこれからの医院づくりについて一緒に考えさせていただきます。いつでもお気軽にお声掛けください。

 

参考: