虫歯予防の近道!食べ方を改善して、大事な歯を守ろう

多くの人が経験する虫歯。正しい食事の摂り方が、虫歯予防につながることをご存知でしたか? 虫歯ができてしまってから削ってプラスチックや銀歯を入れるよりも、日々の生活習慣を改善して予防をしたほうが、ずっと楽で経済的です。今までの食べ方を見直し、虫歯のリスクを減らしましょう。

虫歯とは?

虫歯の原因になるのは、歯垢に含まれる細菌と歯の表面に付着した糖分です。食事の際、口腔内に運ばれた糖分を細菌が分解して酸をつくり、その酸が歯の表面を溶かします。しかしその後、唾液によって酸が薄まり、再石灰化が起これば虫歯にはなりません。食事のたびにこのプロセスは繰り返されますが、再石灰化が起こらず歯の表面が修復されない場合は、虫歯ができてしまいます。

虫歯になりにくい食べ方・飲み方

それでは、どのような点に気を付ければ虫歯は予防できるのでしょうか。虫歯になりにくい飲食のしかたをご紹介します。

だらだらと食べない

糖分が口に運ばれるたびに虫歯菌は酸を生成するので、1日で食べる回数が多ければ多いほど虫歯ができる機会はおのずと増えていきます。テレビや映画を見ながらのだらだら食いは控え、食事・おやつの時間は決めておきましょう。また、甘いものはデザートとして食後に摂ったほうが、間食として摂るよりも虫歯の予防にはいいと言われています。口腔内が酸性になる頻度をなるべく減らすことが大切です。

水分補給にはお茶やお水をチョイス

普段の水分補給には、スポーツドリンク、牛乳、砂糖入りコーヒー、紅茶などの甘い飲み物よりも、お茶や水などのノンシュガーのものがおすすめです。水分補給のたびに糖分を摂るのは、口腔内の細菌に頻繁にエサを与えているようなものです。虫歯をつくらないためにも、飲み物に含まれる糖分にも注意しましょう。

よく噛んで食べよう

食事の際によく噛むと、唾液の分泌が促進されます。唾液には、口腔内の酸を中和する働きや歯の表面のエナメル質を修復する作用があり、虫歯予防において重要な役割を果たしています。数回だけ噛んで飲み込むのではなく、食品が細かくなるまでよく噛んで食べましょう。

正しいクリーニングで虫歯の原因を排除!

虫歯予防のためには、食べ方の改善に加えて、正しいクリーニングが必要です。食後はできるだけ歯を磨き、歯に付着した食べカスや歯垢を落として虫歯の原因を排除しましょう。毎食後の歯磨きが難しい方は、食べた直後に水やお茶を飲んだりうがいをしたりするように心掛けましょう。口の中が洗い流され、虫歯のリスクが減少します。

また、健診を利用し、プロに口腔内の状態を定期的にチェックしてもらうといいでしょう。虫歯は予防できます。自分は虫歯になりやすい体質だからといって諦めず、予防のためにできることは試してみましょう。

寝る前のクリーニングが決め手

就寝前は、しっかり時間をかけて丁寧に汚れを落としましょう。寝ている間は、洗浄作用のある唾液の分泌量が減少します。そのため、口腔内の清掃をせずに寝てしまうと、汚れをエサに細菌はどんどん増殖するのです。しっかり汚れを落とすには、歯ブラシに加えてフロスや歯間ブラシを使うことがポイントとなります。歯間や歯と歯茎の間に入り込んだ汚れは、歯ブラシだけではなかなか落としきることができないため、就寝前は丁寧に清掃しましょう。

毎日の小さな努力で将来の苦労を減らそう

毎日ほんの少し食事の仕方を意識するだけで、10年後の口腔内の状態は、意識しなかった場合と比べて確実にいいものになっているはずです。将来の労力が軽減されるだけではなく、審美的にも経済的にも得をするでしょう。痛みを感じてから対処するよりも、日々の小さな努力で歯の運命を変えていきましょう。