電動歯ブラシ、本当にちゃんと使えてますか?

電化製品の進化がめざましい近年では、電動歯ブラシの機能もグレードアップしています。高性能の製品も数多く販売されており、充実したオーラルケアができるようになっています。しかし、間違った使い方をしていたり、効果的な磨き方を知らなかったりすると、せっかくの機能が宝の持ち腐れになってしまいます。あらためて、電動歯ブラシの上手な使い方をご紹介しましょう。

正しい持ち方をマスターしよう

お箸を正しく持つと上手に物がつまめるように、電動歯ブラシも正しい持ち方で使用すると、より上手に磨けます。それぞれの商品に推奨された持ち方がありますので、正しい持ち方をマスターしましょう。間違った持ち方では、磨いているときに力が入りすぎたりしてしまい、歯茎や歯ブラシが傷む原因になってしまいます。

毛先を軽く当てるだけでOK

ブラッシングの際は、毛先全体を歯に軽く当てるだけでしっかりと磨けます。普通の歯ブラシで磨くときのように自分で本体を動かしてしまうと、ブラッシング圧が強くなりすぎて歯が摩耗する恐れがあります。手の動きは磨きたい部分に移動させるだけで十分なので、振動で磨くことを意識しましょう。また、歯の表面は90度、歯と歯ぐきの間は45度になるように当てることも大切です。

歯磨き粉選びには注意が必要

普通の歯ブラシから電動に変えたのなら、歯磨き粉選びには注意しましょう。一般の歯磨き粉には研磨剤が含まれている場合が多く、歯が削られてしまうことがあります。研磨剤によって歯が削られると、汚れが付着しやすくなったり、知覚過敏の原因になったりします。

電動歯ブラシを使用する場合は、歯磨き粉は使わずに磨くか、専用のものを選びましょう。電動歯ブラシ専用の歯磨き粉は研磨剤が含まれていなかったり、含有量がごくわずかであったりするので安心です。

ブラシは定期的に交換しよう

電動歯ブラシも一般的な歯ブラシと同様にブラシの部分は消耗品であるため、毛先が開いてしまったら交換してください。正しい持ち方をマスターしていくら上手に磨いていても、肝心のブラシが傷んでいては本来期待される効果が得られません。定期的にブラシの状態をチェックして、3か月を目安に交換しましょう。

機能を最大限に活かして磨こう

電動歯ブラシは正しく使用すれば大きな効果が期待できるアイテムですが、使用方法を誤ると歯や歯ぐきを傷める原因にもなります。

それぞれの商品が推奨する正しい持ち方や使い方、使用時間などを理解したうえで使うことで、製品が持つ機能を最大限に発揮させて充実したオーラルケアを実現しましょう。