笑顔に自信!あこがれの白い歯を手に入れる方法とは?

笑顔からのぞく、輝く白い歯。芸能人やタレントたちの歯が白く光っていることに気づく人も多いでしょう。どうしたら、あのようなステキな歯を手に入れられるのでしょうか?

年齢を重ねるとともに歯は黄ばんでいきます。また、生活習慣や食事、歯の疾患なども黄ばみの原因になります。このような歯の黄ばみが気になっている方も多いことでしょう。微笑む時、無意識に手で口元を隠してしまう、という人もいるのではないでしょうか。白い歯を手に入れると、笑顔に自信が持てるようになります。また、笑顔に自信が持てるようになると、社会性が向上し人間関係も良くなるというデータもあり、白い歯を手に入れることにはメリットがあるようです。

今回は、笑顔に自信が持てる、あこがれの白い歯を手に入れる方法に注目してみましょう!

日常生活の心がけで白い歯を手に入れる

私たちが日常生活で何気なくしていることが、実は歯の着色を引き起こすことがあります。白い歯を保つために、日常生活で心がけておきたいことをご紹介します。

日ごろ手入れを怠らない

歯磨きやフロスなど、基本的な歯のお手入れは毎日きちんと丁寧にしましょう。当たり前のことですが、白い歯を保つ秘訣は日ごろのお手入れからです。

喫煙やマウスウォッシュには気をつけよう

喫煙は、ホワイトニングの大敵。歯をキレイに白くしたいなら、喫煙は控えたほうがよいでしょう。また、口臭を防ぐマウスウォッシュも、色のついたものは白い歯のために良くない場合もあります。

歯医者さんの定期的なチェックを受けよう

虫歯や歯周病など、歯の病気があると、白い歯を手に入れることが難しくなります。定期的な歯科医のチェックと、専門家による歯のクリーニングを欠かさないようにしましょう。

食事に気をつけて白い歯を保つ

歯を白く保つためには、食事にも気を配りたいところ。食品によっては、歯への着色が懸念されるものや、反対に白い歯の味方になるものがあります。

白い歯のために控えたい食品

歯の黄ばみにつながると考えられる食べ物があります。もちろん、全く口に入れていけないわけではありませんが、しみや黄ばみが付きやすい食品なので、飲んだり食べたりした後は、必ず歯を磨きましょう。歯を磨けない場合は、水で口をゆすぐだけでもよいでしょう。

  • 色のついた飲み物:コーヒーや紅茶は、白い歯を保つためには厄介な飲み物。赤ワインやクランベリージュース、色のついたスポーツドリンクなど、色の濃い飲み物は歯の着色の原因になります。
  • ドライフルーツ:レーズン、クランベリーなどのドライフルーツは、歯にしみが付きやすいと考えられています。
  • 色の濃い食べ物:カレー粉、ブルーベリーやビーツなどの色の濃い食品も、歯の黄ばみの原因になります。

積極的に摂取したい食品

歯の着色につながる食品がある一方で、白い歯の味方となる食べ物もあります。白い歯を保つために、積極的に取り入れたい食品です。

  • りんごやなし:りんごやなしに含まれる有機酸が、歯の着色や黄ばみを解消するといわれています。
  • にんじん:エナメル質に必要なビタミンAを多く含むので、歯を丈夫にする手助けをしてくれます。
  • セロリなどの繊維質の野菜:口のお掃除をしてくれる繊維質が豊富なので、歯にしみをつくらないように導きます。

 

ホワイトニングで白い歯を手に入れる

日常生活での心がけや毎日の食事に気をつけるだけでなく、ホワイトニングで積極的に白い歯を手に入れる方法もあります。そのホワイトニングにもいろいろなやり方があります。ここでは、ホワイトニングの方法をいくつかご紹介しましょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

  • オフィスホワイトニング:歯科医院でおこなう方法です。ホワイトニング剤を歯に塗り、レーザーや光を当てて歯を白くします。過敏症の人などには向かない場合もあるので、歯医者さんに相談しましょう。
  • ホームホワイトニング:自宅で自分でおこなう方法です。自分自身でマウスピースの中に薬剤を入れ、装着し歯を白くします。アメリカでは歯に薬剤のついた絆創膏のようなシールを一定時間貼っておこなう方法も人気のようです。

まずは歯医者さんに相談しましょう!

妊娠中の方や虫歯・歯周病がある方など、ホワイトニングの薬剤がおすすめできない方もいますので、必ず事前に歯医者さんに相談することをおすすめします。

白い歯を手に入れて輝く笑顔に!

白く輝く歯を手に入れる秘訣は、日常生活や食事など意外と身近な習慣にあるようです。まずは、基本的な歯のお手入れを欠かさないことから始めましょう。そして歯医者さんと十分に相談し、きちんとした指導のもとに輝く白い歯を目指しましょう。