万病のもとになる口臭は「水」で撃退!?

歯みがきをしたり、ガムを噛んだりなど、まめにケアしているにもかかわらず、口臭が気になってしまうことはありませんか。口臭が強くなる原因はさまざまです。口臭が病気の兆候であったり、逆に病気の原因になったりすることもあります。今回は、口臭の主な原因と、効果的な口臭予防の方法を解説します。

口臭が起こる5つの原因とは?

まず気になるのが、口臭の原因です。口臭は、主に5つの原因から起こると考えられています。

1.生理的口臭

体の自然な新陳代謝によって起こるものです。基本的に誰にでもあり、起床時や空腹時、女性の場合は排卵後に強くなる傾向があります。

2.食べものによる口臭

ニンニクやネギ、納豆などの臭いの強い食品を食べたとき、お酒やタバコを摂取したときも、口臭が起こります。時間の経過とともに弱まります。

3.ストレスによる口臭

緊張したり、強いストレスを感じたりすると、口腔内が乾き、唾液が少なります。唾液には殺菌作用があるため、口腔内が乾くと細菌が繁殖しやすくなり、口臭がきつくなります。

4.舌苔による口臭

口腔内から剥がれ落ちた粘膜細胞や、食べかすが、舌の上に白くたまったものが「舌苔」です。これは細菌のかたまりなので、臭いのもととなるガスが発生することがあります。

5.病気が原因で起こる口臭

虫歯や歯周病になると、細菌がガスを合成して、臭いを発生させます。そのほかに、口腔内のがん、鼻やのどの病気、消化器系や呼吸器系の疾患が原因で、口臭が起こることもあります。

1~4の原因には、歯みがきやガム、洗口剤などの日常的なケア、生活習慣の改善などで対応できます。ただし、5にある、口腔内から全身にわたってのさまざまな病気が原因で起こる口臭は、放っておくと大変なことになります。異常を感じたら、専門の病院で診察を受けましょう。

口臭が強いとこんなダメージがある!?

口臭はさまざまな病気の兆候であるばかりでなく、口臭がもとで病気になることがあります。日本歯科医科大学の八重垣健教授の研究によると、口臭物質は、歯周組織に関連する部位の細胞を破壊し、歯周病になる化学反応を引き起こすそうです。もっと恐ろしいことには、口臭物質は、遺伝子を傷つけて、がんの引き金になる活性酸素を増やすこともあるとか。つまり、口臭が強いと、歯周病やがんになる危険性があるようです。

また、同じく日本歯科医科大学の倉治ななえ教授の『歯がいい人はボケにくい』(角川SSC新書)では、口臭物質が口腔粘膜を経由して、肌細胞の表面や表皮にたどりつくと、肌にダメージを与える可能性があることが指摘されています。口臭が肌の衰えを引き起こすかもしれないのです。

口臭予防には、水をたくさん飲むのが効果的

健康維持のためにも、日ごろから口臭予防を心がけたいもの。口臭を抑えるには、口腔内を乾燥させないように、唾液のもとになる「水」をたっぷりと摂ることが大切です。1日に約1.5リットルがベストだと言われています。そのためには、1回にコップ1杯程度を目安に、起床時、食事をするとき、のどが渇いたときなどに水を飲むようにしましょう。

また、日ごろ、水のかわりにお茶を飲む習慣がある方は、要注意です。緑茶や烏龍茶などカフェインを含んだ飲料には利尿作用があるからです。お茶を飲み過ぎると脱水症状を起こし、かえって唾液が減って、口の中が乾燥してしまう危険性があります。                                 

口臭を予防して、お口も体も健康に

このように、口臭は周囲の迷惑になるばかりでなく、自分にとっても危険がいっぱいです。効果的な口臭予防で、歯や口腔内だけでなく体の健康やいきいきとした肌も保ちましょう。