美容にも効果あり?歯ぎしりをおさえる「ナイトガード」とは

寝ている間に上下の歯をこすり合わせ、摩擦を起こしてしまう「歯ぎしり」。その大きな音で、一緒に寝ている人の睡眠を妨げてはいませんか?

摩擦によるダメージは相当なもので、歯の表面が押しつけられてボロボロになっている可能性があります。また、歯ぎしりは、歯の健康にくわえて、顔の美しさにも影響を及ぼすのだとか。今回は、歯ぎしりをおさえる「ナイトガード」に焦点をあててみましょう。

ナイトガードって何?

睡眠中に上下の歯に装着するマウスピースのことを、一般的にナイトガードと呼びます。寝ている間に歯やあごにかかる負担を軽くし、歯ぎしりの症状を和らげる目的があります。

どんな症状の場合に歯科医師はすすめるのか?

歯ぎしりによって、歯の噛み合う部分が摩擦を起こして、歯に損傷を起こしている、あるいは起こし始めていると歯科医師が判断した場合、ナイトガードの着用を患者さんにすすめるでしょう。

どうやってつくるのか?

歯科医院で歯型をつくり、自分専用のナイトガードを注文します。歯の形は人によって違うので、自分専用のナイトガードをつくることが重要です。

利点がいっぱい!ナイトガードの効果

では、ナイトガードの利点とは何でしょうか? 歯ぎしり以外にも、何か効果があるのでしょうか?

歯の摩擦や歯の損傷をおさえる

歯ぎしりを睡眠中に繰り返していると、歯がすり減っていきます。そのために、思わぬ歯の損傷にもつながりますし、歯を支えている骨にも負担がかかります。ナイトガードを装着することで、歯ぎしりによる歯や骨への負担をおさえることができます。

歯ぎしりによる肩こりや首の疲れの予防・緩和

睡眠中に歯ぎしりを繰り返していると、朝起きたときに、肩こりや頭痛を感じるという人もいます。これは、歯ぎしりをする際に使う筋肉が、あごから首や肩の筋肉につながっているためだと考えられます。ナイトガードを利用してぐっすり眠ることができると、肩こりや首の疲れの予防・緩和にもつながります。

あごの変形や顎関節症を防ぐ

歯ぎしりは、あごの関節に強い圧力を加えます。あごは、関節で頭の骨とつながっているため、関節がずれたり、変形したりして、顎関節症につながることも。

ナイトガードをすることで、こうしたトラブルの予防にも効果的です。左右のあごの形が変わってしまうと、顔の美しさにも影響が及んでしまうため、早めの対策が肝心です。

知っておきたいナイトガードの注意点

利点の多いナイトガードですが、使用する前に知っておきたい注意点もあわせて知っておきましょう。

無意識に外してしまわないように

使い始めの頃は、寝ている間に無意識に外してしまうことが起きやすいようです。それを防ぐためにも、歯科医院できちんと歯型をとり、自分専用のナイトガードをつくることをおすすめします。着け心地が悪い場合は、歯科医師にその旨を伝えましょう。

お手入れが必要

ナイトガードは、口の中に入れるものですし、繊細な製品であるため、お手入れをきちんとしなければなりません。不慣れなうちは負担に感じるかもしれませんが、慣れてくれば簡単です。

金額は相談できる

カスタマーオーダーとなるために、費用が高額に感じる患者さんもいます。保険が適用されるケースもあるので、まずは歯科医院に相談してみましょう。

ナイトガードを利用して、歯もお顔もキレイに!

歯ぎしりは、歯に負担を与えるだけではなく、顔の輪郭を整えるあごにも影響を与えます。わたしたちの身体の健康と美しさを妨げる歯ぎしりを防ぐためにも、ナイトガードを使って、歯もお顔もすっきりキレイにしませんか?