虫歯や歯周病になりやすい!? 妊娠中の口腔内トラブル事情

妊娠すると、ホルモンの増加や食生活の変化で口の中の環境が変わり、トラブルが発生しやすくなります。「妊娠中に虫歯や歯周病になったら、歯科治療を受けてもいいの?」「赤ちゃんに麻酔やレントゲンの影響はないの?」と不安になる方も少なくないようです。

今回は、妊娠中に起こりやすい口腔内のトラブル、そのときの歯科治療の受け方やオーラルケアについて解説します。

こんなに変わる! 妊娠すると起きやすい口腔内のトラブル

「妊娠すると、赤ちゃんがお母さんから栄養を取ってしまって、歯がボロボロになる」と聞いたことがあるかもしれませんが、実際のところ、そのようなことはありません。ただし、虫歯や歯周病などのトラブルが出やすくなるのは本当です。どのような理由で、どのようなトラブルが起きるかを見ていきましょう。

唾液の量が減って「虫歯」になりやすくなる

妊娠中は女性ホルモンが急激に増えるため、口腔内を中性に保つ働きをしている唾液の量が減ってしまいます。そのため、口腔内の菌が増えて酸性に傾き、虫歯になりやすい状態となります。

また、味覚や食生活の一時的な変化にも、注意する必要があります。例えば、酸っぱいものや甘いものなど歯を侵食しやすい食べ物をやたらに食べたくなる、大きくなったお腹が胃を圧迫して少しずつしか食べられず食事の回数が増えるといった変化は、歯が溶けやすい状態(脱灰)を作りだしてしまいます。

免疫力が落ちて「歯周病」になりやすくなる

歯周病菌にはいろいろな種類があり、女性ホルモンを好む細菌がいます。妊娠中は免疫力も落ちるため、そうした細菌が一気に増殖して、歯肉炎や歯周病を発症、悪化させることもあります。さらに恐ろしいことに、歯周病のお母さんは、そうでない人と比較すると、早産のリスクが7.5倍もあるそうです。

麻酔やレントゲンの影響は? 妊娠中の正しい歯科治療の受け方

妊娠中に歯科治療を受けたら、赤ちゃんに影響が出るのではないかと心配されるお母さんも多くいらっしゃいます。しかし、治療を受ける時期や、麻酔、レントゲン、抗生物質などに関する正しい知識を持っていれば、治療を受けても問題はありません。

妊娠初期や臨月の治療はNG

お母さんの歯の健康は赤ちゃんに影響するため、妊娠が分かったら、まず検査を受けましょう。そのうえで、口腔内に何らかのトラブルが発生したら、切迫流産が起こる妊娠初期や早産となる臨月を避けて、安定期に治療を行います。

昨今では、母子の歯の健康を守るための「マタニティ歯科外来」がある歯科医院も増えています。スタッフに女性が多かったり、個室で治療を受けられたりなど、妊娠中の患者さんがリラックスして治療を受けられる環境が整えられているようです。

麻酔やレントゲンの悪影響はほとんどなし!

歯科治療のときに行う麻酔は、局所麻酔のため微量で、赤ちゃんにはほとんど影響はありません。また、レントゲン撮影時のX線も、首から下は鉛のエプロンをつけて、口の周りだけに照射します。そのため、お腹の赤ちゃんが被ばくする可能性は限りなくゼロに近いといわれています。

また、治療に抗生物質が使われることもあります。必要になれば、歯科医師が患者さんの担当の産婦人科医と相談をして、妊娠中にも使えるものを処方します。そのような場合に備えて、受診するときには、必ず歯科医師に妊娠中だと告げることが重要です。そうすれば、歯科医はよりいっそう注意深く対応してくれます。

ふだん以上に丁寧なオーラルケアを

妊娠中に口腔内のトラブルが起きやすいのは、虫歯や歯周病になりやすい状態にもかかわらず、つわりがひどかったり体調の変化に気を取られたりして、歯磨きがおろそかになりやすいことが大きな原因にもなっています。

歯が磨けないときには、食後に水でうがいをしたり、キシリトール入りのガムやタブレットを活用したりするだけでも効果があります。加えて、歯科医院で歯のクリーニングや歯垢の除去を受ければ、口腔内をより健康に保つことができます。

赤ちゃんを守るためには、まずは母親から

このように、妊娠中は口腔内のトラブルが起きやすくなりますが、麻酔やレントゲンの赤ちゃんへの影響はほとんどありませんから、治療を受けることが可能です。子どもの虫歯の多くは、母親からの虫歯菌感染が原因となるもの。自分だけでなく生まれた赤ちゃんを虫歯から守るためには「まずは母親から」と心得て、虫歯や歯周病にならないように、日頃からしっかりオーラルケアを行っていきましょう。