歯の神経の仕組みに注目!神経治療が必要なケースはどんなとき?

歯の治療において歯の神経を抜くことがありますが、神経を抜いてしまっていいものなのか、抜かないとどうなるのかと、不安に思う人も多いことでしょう。私たちの身体には無駄なものはひとつもなく、小さな神経も例外ではありません。それでも、歯の神経を抜いたほうがいい場合もあります。今回は歯の神経について理解を深め、神経を抜く治療について考えてみましょう。

歯の神経の仕組みとは?

歯の見えている表面部分はエナメル質といいます。その内側に象牙質があり、さらにその内側にある「歯髄」が俗に「歯の神経」と呼ばれる部分です。歯髄には神経組織と毛細血管があり、毛細血管は歯に酸素や栄養を補給しています。また、神経組織は歯に加わる様々な刺激を脳に伝達しています。その他にも細菌感染などに対して免疫反応を働かせます。

歯の神経を抜く必要性のある5つの症状

虫歯が進行し、奥の神経まで進んで痛みが強くなると、その神経を取り除いて消毒をする必要が出てきます。さもないと、さらに進行し身体全体に大きなダメージを与えかねません。

では、どのような症状のときに歯の神経を抜く可能性があるのでしょうか?

  1. 虫歯に激痛がある・就寝の妨げになる場合
    あまりの激痛で痛み止めが効かないときや、歯がうずいて眠ることができないときは、神経を抜く可能性があります。
  2. 温かい食べ物が歯にしみる場合
    虫歯があると、冷たいものや甘いものが歯にしみます。さらに、神経まで虫歯に侵されていると、温かい飲み物や食べ物までしみて痛みを感じ始めます。
  3. 歯を支える骨がなくなってきている場合
    歯を支える骨がなくなってきている場合は、神経が侵されている場合があります。
  4. ものをかんだときにひどい痛みを感じる場合
    食べ物をかめないほどの痛みが連続して続くと、胃腸をはじめ内臓にもダメージが広がっていきます。
  5. 歯の根の先から膿が出ている場合
    歯の根の先から膿が出て、酸っぱいものを食べたあとのような感触があるときは歯髄が赤信号の状態です。

歯の神経を抜くことの影響と注意点

旧来の治療では、前述の5つの症状に対処するために抜歯をする必要がありましたが、今は神経を抜くことで歯をかなりの確率で残せるようになりました。そこで気になるのが、歯の神経を抜くことの影響と注意点です。

  • 影響
    歯を残すことができるため、抜歯後の治療(入れ歯やインプラント等)を考慮する必要がありません。痛みから解放されることで熟睡できたり、苦痛なく食事ができたりします。また、鎮痛剤を常用していた人にとっては胃腸の負担が軽減されます。
  • 注意点
    神経を抜いた歯は決して良い状態ではありません。神経を抜くほどの虫歯にならないためにも、定期的に歯の検診をしましょう。

歯科医師を信頼して治療を受けよう

歯の神経を抜くには麻酔が必要ですし、治療時間もかかります。しかし、治療後は虫歯の痛みから解放され、それ以上に広がるのを防ぐことができます。歯科医師に神経を抜く必要があるといわれた際は、不安を取り除くためにも歯の状態について詳しい説明を聞くことをおすすめします。そして歯科医師を信頼し、リラックスして治療を受けましょう。