できれば避けたい。抜歯治療は最終手段?

歯を根っこから抜いてしまう抜歯。乳歯であればあとから永久歯が生えてきますし、「親知らず」は抜歯しても差し支えのないことが多いですが、ほかの永久歯のケースではどうでしょうか? 当然ながら、永久歯を抜いてしまったら、あとから新たな歯が生えてくることはありません。今回は、抜歯が必要な例と治療に関して知っておきたいことをご紹介します。

抜歯を避けられない歯の状態とは?

歯科治療において、抜歯が必要になるケースは大きく分けて2つあります。抜歯しておかないと、今後トラブルの元になることがわかっている場合と、大きな病巣があり抜歯以外の治療法がない場合です。それでは、これら2つのケースを詳しくみていきましょう。

トラブルを避けるための抜歯

特に痛みがなく、食べ物をかむことに支障がなくても、レントゲン上で問題があり、歯科医師が必要だと判断した場合の抜歯です。将来、トラブルを抱えないようにするための処置となります。

  • 親知らずの抜歯
    親知らずが曲がって生えていたり、横倒しに生えていたりして、隣の歯にダメージを与えてしまう場合。また、正常な位置に生えてこない場合。
  • 歯列矯正のための抜歯
    口やあごが小さいためにスペースに対して歯の本数が多く、抜歯しない限り歯列矯正が成功しないと歯科医師が判断した場合。

病巣を取り除くための抜歯

歯が極度に細菌に侵された状態で、ほかの治療法が考えられないと歯科医師が判断した場合です。

  • 虫歯治療としての抜歯
    歯髄から骨まで菌に侵されている状態で、治療による回復が不可能と歯科医師が判断した場合。
  • 歯周病治療としての抜歯
    歯周病が極度に進行しており、歯を支えることができなくなっている場合。

知っておきたい抜歯前後の注意点

抜歯には麻酔が必要な場合が多く、その時は深い傷口ができますので、特別なケアをしなければいけません。具体的には、どのような点に注意が必要なのでしょうか?

安全に抜歯をするために気をつけたいこと

持病がある場合、妊娠している時や妊娠の可能性がある場合、アレルギーがある場合、服用している薬がある場合は、必ず事前に歯科医師に報告しましょう。また、飲酒は控えて抜歯前の注意事項は必ず守ってください。

抜歯後のケアで注意すべきこと

麻酔が切れると、強い痛みを感じることがあります。また、抜歯後の傷から出血する場合もあります。感染症を起こしやすい状態にもなりますので、処方された痛み止めや抗生剤は用法を守ってきちんと服用しましょう。なお、以下のような症状がある場合は、速やかに歯科医師に連絡しましょう。

  • 抜歯後に高熱が出た
  • 異常な腫れや痛み
  • 吐き気
  • 呼吸困難

抜歯後の処置の例

ここでは、代表的な3つの方法をみてみましょう。

  • インプラント
    歯を抜いた場所の骨部分に人口の歯根を埋め込んで、その上にかぶせ物をつける方法です。
  • ブリッジ
    両サイドの歯を利用して、橋をかけるようにかぶせ物をつける方法です。
  • 入れ歯

保険や費用の問題もありますので、歯科医師と十分に相談して最適の方法を選びましょう。歯がない状態が続くと隣の歯が動き始め、かみ合わせに問題が起きてしまいます。抜歯後の処置を受けることなく放置してはいけません。

定期的なケアを忘れず歯を大切に

現在の歯科治療において、歯科医師は可能な限り歯を残す方向で虫歯や歯周病を完治させようとしています。それでも抜歯が必要となるのは、ほかの健康な歯や体全体の健康にも影響をおよぼすと予測されるからなのです。万が一、抜歯をすることになったら十分な説明を受け、歯科医師を信頼して治療を任せましょう。また、抜歯をすることにならないように、普段から歯の健康に留意して定期健診を欠かさないことも重要です。1本1本の歯を大切にしましょう!