女性歯科医師のための開業のヒント

結婚や出産、育児など、女性にはさまざまなライフイベントが待ち受けています。それは、歯科医師であっても同じです。女性歯科医師が自分のキャリアやライフプランについて考えるとき、「開業」も大事な選択肢の一つです。

今回は、女性歯科医師のための開業のヒントについてご紹介します。

女性歯科医師が開業するメリットは?

女性は、家庭環境によって仕事のペースが左右されることがあります。結婚や出産、育児、そして家族の介護などで、長きにわたって働き方の調整が必要になるかもしれません。そのようなケースの備えとして、ひとつの選択肢となるのが開業です。女性歯科医師にとって、開業には以下のようなメリットがあります。

  • 仕事量をコントロールできるため、家庭と仕事の両立が比較的しやすい
    勤務医として働きながら育児をしていると、職場でも家庭でも時間のやりくりに気を使うものです。開業すると自分のペースで仕事ができるため、周囲への気兼ねが少なく精神的にも余裕が生まれます。とはいえ、経営者であるために、患者さんや従業員を優先せざるを得ないこともあります。
  • 定年と関係なく働けるため、ライフプランが立てやすい
    自分に働く意欲がある限りは、働き続けることができます。仕事を通して生きがいを維持できるだけでなく、老後のライフプランを見据えたお金の計画も立てやすくなります。
  • 小児歯科の需要が高いため、地域貢献ができる
    育児を通じて地域社会とのつながりが強くなると、小児歯科としての活躍を求められます。歯科医療による地域貢献で、自身の存在意義を強く感じられるようになるでしょう。

以上のように、女性歯科医師が開業することのメリットは、現在の生活から将来のライフプランまで多岐にわたります。より人生を充実させるきっかけとなるかもしれません。

開業時には自宅をリフォーム?テナントを借りる?

実際に開業を考えたとき、開業形態をどうするかも重要です。例えば、自宅をリフォームするのか、それともテナントを借りるのかといったことです。開業形態によって開業資金は大きく変わってきます。

自宅のリフォームはリスクが高い?

家事や育児との両立という観点から考えると、自宅の一部をリフォームして歯科医院にするという方法があります。ただし、休診日にも「痛い」と患者さんが来院されることがあります。

自宅近辺で目的に合ったテナント開業を目指す

自宅の近辺であれば通勤時間が短いため、家事や育児との両立もしやすくなります。

テナントを選ぶ際は、自宅を起点として診療圏を定め、目的に合った場所で候補を絞りましょう。例えば、一般の患者さんを狙うなら大きな通り沿い、小児歯科を充実させるなら学校や幼稚園、保育園の近くが望ましいでしょう。基幹歯科と連携できるなら、その近くで開業するという選択肢も考えられます。

開業後に失敗しない経営のヒント

開業したあとに順調な経営を続けていくためには、たくさんの患者さんに来ていただくことはもちろんですが、資金繰りについて事前にしっかりと考えておく必要があります。また、以下のようなポイントも挙げられます。

  • 開業当初に多くの患者さんを呼べると口コミが広がりやすいため、事前の宣伝や告知に力を入れる
  • 月間、年間の来院者数の目標をきちんと決めて、資金計画を練る
  • 子どもや高齢者など、ターゲットを踏まえた内容にする

例えば、子どもをターゲットにするのであればキッズコーナーを充実させる。高齢者をターゲットにするならバリアフリーにするといったことです。

女性の患者さんは女性歯科医師を信頼する?

女性の患者さんは、女性歯科医師に信頼を寄せやすいといわれています。そのため、歯科医院の名称を工夫したり、ホームページや看板などに顔写真や経歴を載せたりして女性であることをアピールするのが効果的です。ただし、やりすぎるとトラブルを招くこともありますので、注意しましょう。

女性歯科医師の開業は成功事例が多い

女性歯科医師の開業には、さまざまなメリットがあります。また、女性歯科医師は開業の成功例が多いのだそうです。自分のキャリアやライフプランを考える際に、開業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?タカラベルモントは先生と一緒にこれからの医院づくりについて考えさせていただきます。いつでもお気軽にお声掛けください。