原因は?予防法は?長引く場合は注意したい「口内炎」

つらいお口のトラブル口内炎。治ったと思っても、またすぐにできてしまう人も多いのではないでしょうか。実は、口腔内にできる口内炎の多くはストレスが原因によるものなのだそうです。体調が悪いときや、忙しくて疲れているときにできやすいので、体からのお疲れサインともいえます。
しかし、口内炎の裏にはストレスだけでなく、重い病気が隠れていることもあります。今回は、口内炎ができる原因と予防法、症状が長引くときに疑われる病気についてご紹介します。

一番はストレス?口内炎ができる3つの原因

口内炎とは、口の中やその周辺の粘膜に起きる炎症を指します。その原因はさまざまで、主に以下の3つがあります。

  • 疲労や免疫力の低下に起因する「アフタ性(潰瘍性)口内炎」
    若い人を中心に多く見られる口内炎で、口腔内に丸く小さな潰瘍ができます。痛みを伴うために食事や会話がしづらいことがあり、通常は2週間程度で自然に消滅します。原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや疲労による免疫力の低下、睡眠や栄養の不足と考えられています。
  • ウイルスや細菌の増殖に起因する「ウイルス性口内炎」
    ウイルス性の口内炎には、「ヘルペス性口内炎(口唇ヘルペス)」、「カンジダ性口内炎」、およびSTD(性行為感染症)による口内炎などがあります。口腔内の粘膜に多くの水泡が発生し、それが破裂すると赤くただれることがあるほか、発熱や強い痛みが伴うケースもあります。
  • 物理的刺激に起因する「カタル性口内炎」
    入れ歯や矯正装置の接触、やけどや薬品の刺激などが原因となる口内炎です。口腔内の粘膜が赤く腫れたり小さな水泡ができたりします。唾液量が増えて口臭が発生したり、味覚がわかりにくくなるといった症状もみられます。

口内炎を予防するための3つのポイント

口内炎は、いったんできると数週間治らないことも。痛みを伴うため、その間はつらい思いをしてしまいます。しかし、きちんとした対策をとれば予防することができるのです。

  • バランスのよい食生活
    ビタミンが不足すると口内炎ができやすくなります。よって、口内炎予防においては緑黄色野菜たっぷりのバランスのとれた食生活が重要です。ビタミンB2、B6、Cを含む食品を積極的にとり、ビタミンを破壊するアルコールやタバコ、口内炎の悪化を招く刺激の強い香辛料などは控えましょう。
  • 免疫力アップ
    免疫力を維持するためには、休息が必要です。ストレスや疲労を感じたら、無理をせずに十分に休むことをおすすめします。また、不規則な生活は免疫力を下げてしまうおそれがあります。早寝早起きを習慣づけるといいでしょう。また、軽い運動やストレッチをしてリラックスするのも効果的です。
  • 口腔内の清潔維持
    食後の歯みがきやうがいを欠かさず、口腔内を清潔に保ちます。また、口腔内が乾燥しないようにこまめに水やお茶を飲んだり、ガムで唾液を分泌させたりすると、細菌の増殖をおさえることができます。

長引く口内炎は要注意!思わぬ病気の可能性も

口内炎の症状が口の中全体や唇の周辺にも広がっている、発熱や全身の倦怠感を伴う、こうした症状が10日以上続く場合は、重い病気の可能性があります。おかしいと感じたら、たかが口内炎と放置せずに、必ず歯科・口腔外科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

  • ベーチェット病
     アフタ性口内炎、外陰部の潰瘍、皮膚症状など全身に起きる炎症性疾患です。再発を繰り返すのが特徴で、女性よりも男性のほうが重症化しやすい傾向があります。
  • 手足口病
    小さな子どもがかかりやすいウイルス性の疾患です。口内炎だけでなく、手のひらや足の裏、お尻などに発疹が現れ、発熱を伴います。
  • ヘルパンギーナ
    突然の高熱に加え、のどに多数の小さな口内炎ができます。手足口病と同様に、小さな子どもがかかりやすいウイルス性の疾患です。
  • がんや糖尿病
    がんや糖尿病になると、免疫力が低下して口内炎になりやすくなります。がんの一種である白血病の初期症状でも、口内炎ができることがあります。

口内炎を予防して快適な生活を

口内炎の原因はさまざまありますが、予防することもできます。免疫力が低下しないように、栄養のバランスに気を配った食事をとり、十分な睡眠で疲れをためないようにしましょう。また、口内炎が発しているサインを見逃さないことも大切です。症状が続く場合は、重い病気の可能性も考えて、早めの受診をおすすめします。