健康を守るためにも知っておきたい正しい入れ歯の洗浄方法

みなさんは、入れ歯を使う際の注意点をご存じでしょうか。実は、入れ歯には細菌やカビなどがついており、清潔に保たないと健康に悪影響を与える可能性があるのです。

入れ歯を快適に使いながら、残っている歯を守るために、今回は入れ歯が体に与える影響や入れ歯を清潔に保つ方法をご紹介します。

汚れた入れ歯を使っていると病気になる?

入れ歯には食べかすやタバコのヤニ、茶しぶがつきやすいばかりでなく、目に見えない細菌やカビなどさまざまな汚れが蓄積していきます。特に、部分入れ歯は金属部品が複雑な形をしているために汚れがつきやすく、入れ歯と接する天然歯の虫歯や歯周病の原因となることもあります。

入れ歯の汚れは口内炎や肺炎の原因にも

さらに恐ろしいのは、不衛生な入れ歯によって、口腔内や全身の病気へと発展するケースです。例えば、入れ歯についた細菌が義歯性口内炎の原因となることがあります。さらに細菌が口から肺へ侵入すると細菌性肺炎を、循環器系へ侵入すると菌血症を引き起こすこともあるのです。「たかが入れ歯」と甘く考えることはできません。

入れ歯を清潔に保つ洗浄法

入れ歯を清潔に保つには、毎食後や寝る前などのこまめな洗浄が欠かせません。外出時にも対応できるように、お手入れセットを持ち歩きたいところです。入れ歯の洗浄方法には、主に以下の2通りがあります。

  • ブラッシング洗浄
    毎食後、入れ歯に専用の歯みがき粉をつけて入れ歯専用のブラシでまんべんなくみがき、よくすすぎます。
  • つけおき洗浄
    洗浄剤に入れ歯をつけおきして、目に見えない汚れを落とす方法です。毎日1回は、ブラッシング洗浄ののちにつけおき洗浄をする「2段階洗浄」をしましょう。

入れ歯の洗浄には専用品を使う

入れ歯の洗浄に天然歯用の歯みがき粉を使うと、歯みがき粉に含まれている研磨剤で入れ歯にキズがつくことがあります。そうなるとキズの部分に細菌が繁殖しやすくなり、口臭や義歯性口内炎の原因となります。入れ歯を傷つけないためにも、天然歯用と入れ歯用の歯みがき粉は使い分けましょう。

新しい入れ歯は使い始めが大切

使い始めたばかりの新しい入れ歯は、トラブルが起きやすいものです。トラブルを未然に防ぎ、新しい入れ歯を快適に使うためには、使い始めの過ごし方が重要です。

使い始めたばかりの新しい入れ歯は口の中になじんでいないため、痛みが出ることがあります。このようなときは、早めに歯科医師に相談しましょう。

その後、話すときや食事のとき以外は口の中の異物感が気にならなくなり、通常どおり過ごすことができるようになるでしょう。ただし、新しい入れ歯に慣れたからといって、歯みがきや口腔ケアの手を抜かないことが重要です。また、定期的な歯科検診を欠かさないようにしましょう。

清潔な入れ歯で残っている歯と健康を守る

汚れた入れ歯を使っていると、口腔内ばかりでなく全身の健康にさまざまな悪影響を与えるおそれがあります。まずは、入れ歯の正しい洗浄法や使用上の注意点を知ること。そして、継続的なケアが大切です。入れ歯を快適に使うとともに、残っている歯と健康を守りましょう。