歯を失う場合もある歯ぎしりの恐ろしさ

あなたは誰かから、歯ぎしりをしていると指摘されたことはありますか?もしあるのなら要注意です。毎日のように歯ぎしりが続くと、歯にとって大きな負担となる恐れがあります。そこで今回は、ストレスの増大とともに増加傾向にある歯ぎしりの症状についてお伝えします。

歯ぎしりはストレスから起きる!?

現代人はストレスを抱えて生活しており、それによって体にさまざまな影響が出てくるといわれています。口腔領域では、その代表的なものとして歯ぎしりが挙げられます。ただし、子どもの場合は成長の過程のひとつであり、歯ぎしりをすることで噛み合わせを構成していくので、ほとんどの場合問題ではありません。

歯ぎしりには種類がある

歯ぎしりは主に寝ている間に起こりますが、目が覚めているときにも無意識に歯を食いしばっている場合があります。歯ぎしりは、専門用語で「ブラキシズム」といい、いくつかの種類に分類されます。色々な分類の仕方がありますが、ここでは「グラインディング」「タッピング」「クレンチング」の3タイプをご紹介します。

  • グラインディング
    最も有名なタイプで、上下の歯を強く噛み合わせたまま、前後左右に動かします。「ギリギリ」という大きな音がして、隣りで寝ている人が目を覚ましてしまうこともあるようです。しかし、まったく音を立てないケースも少なくありません。
  • タッピング
    ものを噛むときのように、上下の歯を細かいテンポでカチカチと噛み合わせるタイプです。
  • クレンチング
    上下の歯を強く食いしばるタイプです。

さらに、これらが組み合わさった混合型もあります。

歯ぎしりによって歯を失うことにもなる

1日3回の食事で上下の歯が噛み合うのは、せいぜい数分~20分程度だといわれています。ところが、グラインディングやクレンチングでは、長い時で1時間以上、体重の2~3倍と言われる強い圧力がかかる場合があります。つまり、通常の噛み合わせとは桁違いの強い力が、歯に長時間加わることになるのです。そのため、歯ぎしりをする人の歯や歯を支える歯周組織には、さまざまなダメージが見られます。

例えば、歯がすり減ったり、かぶせ物が取れたりします。最悪の場合は、歯が破折してしまう危険性もあるのです。特に、神経(歯髄)を取って内部へ栄養が届かなくなった歯は、もろくなっています。このような歯に強い力が継続的に加わると、歯が折れてしまう可能性もあるのです。

折れた歯のほとんどは抜く以外に対処法がありません。虫歯でも歯周病でもないのに、結果として抜歯することになってしまうのです。残念ながら、今のところは歯ぎしりを根本的に解決する方法は明らかになっていません。しかし、噛み合わせを改善したり、歯にかかる力を軽減したりすることで、歯の破折を防ぐといった対処もできます。

歯を守るために歯ぎしりへの対処が重要

たかが歯ぎしりと思うかもしれませんが、実は歯や歯周組織が破壊される可能性もある、大変危険なものなのです。歯の損傷を防ぐためにも、できる限り歯の負担を減らすことが重要です。自分が歯ぎしりをしていると認識している人は、早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

関連記事:美容にも効果あり?歯ぎしりをおさえる「ナイトガード」とは