「すきっ歯」は治すべき?知っておきたいデメリットと治療法

歯と歯の間に隙間がある「すきっ歯」は、前歯だと見た目が悪く、奥歯だと食べ物が挟まりやすいため、お悩みの方がいらっしゃると思います。しかし、目立たない場所で虫歯のような不具合がないのであれば、治す必要があるのか迷うところです。そこで今回は、「すきっ歯」のデメリットと治療法を解説します。

すきっ歯になる原因は生まれつきか?習慣か?

すきっ歯のことを専門用語では、「空隙歯列(くうげきしれつ)」や「歯間離開歯(しかんりかいし)」といいます。その原因は生まれつきのケースのほか、習慣や癖による場合もあります。

  • 生まれつきの原因
    生えてきた歯が小さかったり、生える予定の歯が生えてこなかったり、歯の大きさと顎の大きさがアンバランスな場合に起こりやすくなります。
  • 習慣や癖による原因
    頬杖をつく癖が奥歯のかみ合わせに悪影響を与えたり、うつ伏せや横向きになって眠る習慣が骨格にゆがみが生じさせ、顎に悪影響を与えることで起こる場合があります。また、舌で前歯を押し出す癖がある場合も、徐々に歯の隙間を広げてしまいます。

その他には、虫歯や歯周病で奥歯を失うことで前歯の隙間を広げてしまうことが起こり得ます。

すきっ歯のデメリットは?

すきっ歯を放置していると、どのようなデメリットがあるのか確認してみましょう。

  1. 虫歯や歯周病のリスクが高まる
    歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなり、虫歯や歯周病、歯肉の炎症などの原因になります。
  2. 消化が悪くなり胃腸や全身の健康状態に影響が出る
    すきっ歯だとかみ合わせが悪い場合が多く、食べものをしっかりとかめずに、消化が悪くなってしまう可能性があります。こうなると口の中だけの問題ではなくなり、胃腸や全身の健康状態にも影響が及びかねません。
  3. 発音がうまくできなくなる
    歯の隙間から空気が漏れることで発音に支障をきたすことがあります。

このようなデメリットを考えると、現状で不具合がないとしても、歯の状態に合わせた対応をすべきだといえます。

すきっ歯のケア

最も重要なのは、みがき残しがないように念入りに歯の手入れをすることです。デンタルフロスや歯間ブラシといった歯間クリーナーを用いて、きちんと歯をみがきます。さらに、歯科医院で定期的にクリーニングや健診を受け、専門家にお口の状態をチェックしてもらうといいでしょう。

見た目を改善するなら

見た目を改善したいときは、マウスピースやワイヤーを用いた歯列矯正をするという方法があります。

また、歯を削らずにコンポジットレジンを盛り付ける「ダイレクトボンディング」、歯の表面を削って薄いセラミックを貼り付ける「ラミネートべニア」、歯のかぶせ物をする「クラウン」などの方法もあります。ただし、いずれも費用や時間がかかるので、歯科医師とじっくり相談することをおすすめします。

歯間クリーナーで念入りな手入れを

残念ながら、すきっ歯を自力で治すことはできません。歯の状態に気を配り、歯間クリーナーを使った念入りなお手入れを心がけてください。