苦手な先輩との関係を克服する方法

どんな職場にも、相性がよくないと感じる人はいるものです。それが先輩スタッフだと余計な神経を使うこととなり、気疲れやストレスの原因となってしまいます。そこで今回は、先輩への苦手意識を克服するためのポイントをご紹介します。

人間の多様性を認識する

人はそれぞれ育った環境が違い、一人ひとりに個性があります。まずは、人間には多様性があるということを認識しましょう。

人はみんな違う

他人と仲よくするためには、相手を理解することが大切だといわれますが、その前に確認しておくべき重要なことがあります。それは「私たちはみんな違う」ということです。先輩が「自分とは違う人間」であることを認識し、以下のことを心がけましょう。

  • 自分と違う意見を聞く
    ほかの人の意見は、自分の考えと同じとは限りません。その違いを知るためには、相手の意見を最後までじっくりと聞きましょう。たとえ相手の話していることが自分の考えとは正反対だと思っても、きちんと耳を傾ける習慣をつけてください。
     
  • 自分と違う見解を受け入れる
    相手の話を最後まで聞くようにすると、共感できるところが見つかる可能性があります。どうしても理解できないときは、人によってものの見方が違うのだと考え、意見を受け入れるようにしましょう。

さまざまな人の考え方を客観的にとらえて肯定できるようになると、相手への苦手意識も変わってくるかもしれません。

寛容と尊敬を心がける

人間の多様性を認識したとしても、相手によっては苦手意識が残ることがあるかもしれません。そのようなときは、次の方法で切り抜けましょう。

  • 「寛容」の心で相手のことを受け入れる
    「寛容」を心に命じ、仕事と割り切って相手を無条件に受け入れましょう。
     
  • 「尊敬」の心で相手のいいところを見つける
    無条件に受け入れるばかりでは毎日がつらくなり、先輩に対する苦手意識を深めてしまいます。そこで、相手のいいところを探し、そこを「尊敬」しましょう。

「寛容」と「尊敬」の心を持つことで、苦手な相手ともうまくやっていけるようになります。

苦手意識を好感に変えるには

こちらが苦手意識を持っていると、相手もそれを感じ取ってますます溝が深くなってしまいがちです。そうならないように、相手に歩み寄る努力をしましょう。

例えば、休憩時間に趣味や好きな食べ物の話をしたり、家族の話を聞いてみたりすると、それまで知らなかった相手の意外な一面が見えてきて、好感を持つことができるかもしれません。

相手を受け入れることで苦手意識は変わる

一度「苦手だ」「嫌だ」という感情を抱いてしまうと、相手を受け入れようとする気持ちが失われてしまいます。しかし、苦手な先輩とも毎日一緒に働かなければなりません。避けることができないのであれば、苦手な相手を受け入れてみてはいかがでしょうか。こちらから距離を縮めてみると、相手のイメージが変わるかもしれません。

いかがでしたか?タカラベルモントはこれからの医院づくりについて一緒に考えさせていただきます。いつでもお気軽にお声掛けください。