口を開けっぱなしにしていると歯がダメになる?

子どもが何かに夢中になっているときに、ポカーンと口を開けている場面を目にすることがあります。実は、口を開けっぱなしにする癖があると、歯に悪影響を与えてしまうのです。今回は、子どもだけでなく大人の方にも注意していただきたい、口呼吸の悪影響について解説します。

口呼吸が引き起こす歯や口のトラブル

健康な赤ちゃんは、鼻でしっかりと呼吸をしながらミルクを飲んでいます。ところが、成長するに従って口呼吸の癖がついてしまうことがあります。実はこの口呼吸が、歯や口のトラブルの原因となる場合があるのです。

  • 虫歯や口臭
    口を開けっぱなしにしていると、ドライマウスになりやすくなります。そうなると唾液の分泌量が不足し、口の中の殺菌効果が低下してしまいます。その結果、口の中の細菌が増え、虫歯や口臭を引き起こす可能性があります。
  • 歯並びの悪化
    口呼吸が多いと、子どもの顎の成長に悪影響を及ぼすケースがあります。きちんと口が閉じているときは、舌の先端が上の前歯の後ろにピッタリとついて、上顎を押し上げた状態になります。成長期には強い筋肉でできている舌に押し上げられた上顎が大きく広げられ、歯の成長に必要なスペースを作ることができるのです。しかし、口が開いている時間が長いと、上顎が大きくならないために十分なスペースを作ることができず、歯並びが悪くなる可能性が高くなります。また、舌の位置が安定しないことも歯並びに影響します。

ほかにも、口の周りの筋力低下による表情の欠如や、受け口などのトラブルも起こりやすくなります。また、寝ているときに舌が気道を塞ぎやすくなるため、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす場合があります。

口呼吸を治すには

口呼吸を治すには、その原因によりますが主に以下のような方法があります。

  1. 口の周りの筋肉を鍛える
    口腔筋機能療法(MFT:Oral Myofunctional Therapy)で口の周りの筋肉を鍛えることによって、口腔筋機能の改善を図ります。他には「あいうべ体操」という方法もあります。
  2. 歯列矯正
    歯並びが悪く、口が閉じづらい場合、歯列矯正することで口が閉じやすくなり、自然と鼻呼吸ができるようになる可能性があります。また、歯列矯正によって鼻の通りが良くなることもあるそうです。
  3. 鼻や喉の治療をする
    鼻炎や副鼻腔炎、扁桃腺肥大やアデノイド肥大など、鼻や喉に問題がある場合は、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

口呼吸を改善して歯をきれいに

口呼吸は、歯や口にさまざまなトラブルを引き起こします。また、全身の健康にも影響を及ぼします。心当たりがある場合は、放置せずに早めに歯科医師に相談しましょう。鼻呼吸の習慣をつけて口の衛生を保つことは、健康面だけでなく美容の面にも好影響があります。健康のためにも、積極的に治療に取り組んでください。