ユニフォームをリニューアルしてモチベーションアップ!

歯科医院のスタッフにはユニフォームやシューズを貸与しているケースが多いでしょう。毎日使うものだからこそ、機能面はもちろんのことデザインにもこだわりたいところです。そこで、ユニフォームをリニューアルしてみてはいかがでしょうか。スタッフのモチベーションアップにつながるかもしれません。

ユニフォームのリニューアルを検討しよう

身につけるものが変わると、気分もリフレッシュするものです。しかし、ユニフォームが決まっている場合は簡単にはいきません。そのようなときにおすすめしたいのが、スタッフが着用するユニフォームのリニューアルです。歯科医院の改装や記念日、季節の変わり目など何かきっかけとなるタイミングで検討してみてはいかがでしょうか。

歯科医院の改装時が大きなチャンス

歯科医院の改装というと、大型機械の入れ替え、壁紙や床の張り替えといった設備面に目が向きがちです。しかし、スタッフのユニフォームが従来のままでは、患者さんはあまり新鮮なイメージを持たない可能性があります。生まれ変わった歯科医院を患者さんにアピールするためにも、改装時はユニフォームをリニューアルする大きなチャンスとなるのです。

長年使っているユニフォームは新調して機能的に

歯科医院の機械や歯科材料と同様に、アパレル素材も日々進化しています。生地を例に挙げても、ストレッチ性、耐火性や難燃性、高強度、速乾性、調湿性、抗菌性、防カビ性、防臭性、はっ水性、ノンアレルゲンなど、さまざまな機能を持つものが開発されているのです。長年同じユニフォームを使い続けるより、新しいものに替えたほうが機能性は格段に高まるでしょう。

デザインだけでなく機能性にも目を向けよう

昨今の白衣は、デザイン性が向上しています。せっかくリニューアルするのだから、身につけた人が魅力的に見えるものを選びたいものです。しかし、まずは動きやすく機能的であることが大前提といえます。例えば、歯科衛生士は足で機械を操作するシーンが多々あるので、スカートよりもパンツスタイルのほうが適しているかもしれません。

ユニフォームを変更できない場合は違ったアプローチを

どうしてもユニフォームを変更できない場合は、違うアプローチを考えてみましょう。例えば、エプロンやシューズのリニューアルはいかがでしょうか。メインのユニフォームはそのままでも、お気に入りの小物類を身につけることができれば、きっと気分が変わるはずです。

ユニフォームのリニューアルで働く気持ちも新たに

スタッフは仕事に慣れてくると、やりがいは感じつつもモチベーションが上がらなかったり、気分が乗らなかったりすることがあるかもしれません。そのようなときに新しいユニフォームに身を包めば、効果的な気分転換になるでしょう。気持ちを新たにして仕事に取り組んでもらうためにも、ユニフォームをリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?タカラベルモントは先生と一緒にこれからの医院づくりについて考えさせていただきます。いつでもお気軽にお声掛けください。