「パワハラ先輩」と思われないために気をつけるべきこと

パワハラに対する厳しい目が強まる昨今、その対策が必要なのは民間企業だけではありません。歯科医院の現場でも、後輩に対する言葉遣いや態度に気をつけないと、パワハラと捉えられてしまう可能性があります。今回は、「パワハラ先輩」と思われないために注意すべきことを考えてみます。

知っておきたいパワハラの6類型

パワハラ、つまり「パワーハラスメント」は、立場の優位性を背景に、適正な業務の範囲を超えて身体的・精神的な苦痛を与える行為です。厚生労働省が運営するパワハラ対策に関する総合情報サイト「あかるい職場応援団」によると、主なパワハラの型には、以下のようなものがあります。

  1. 身体的な攻撃
    例:殴る、蹴るといった暴行、物を投げつける、丸めたポスターで頭をたたく
  2. 精神的な攻撃
    例:同僚の目の前で叱責(しっせき)や罵倒をする
  3. 人間関係からの切り離し
    例:ひとりだけ席を別室に移動させる、強制的に自宅待機を命じる、会社の行事に出席させない
  4. 過大な要求
    例:説明もなく、能力や実績以上の仕事を押しつける
  5. 過少な要求
    例:事務職なのに掃除だけを命じる
  6. 個の侵害
    例:家族や交際相手などについて執拗(しつよう)に問う、家族の悪口を言う

医療機関から寄せられるパワハラの被害の具体的な事例には、「患者さんの前で無能扱いを受けた」「仕事とは関係のない人格否定や中傷をされた」「思いあたる理由がないのに無視や仲間外れといった理不尽な扱いをされた」などがあるようです。

パワハラと誤解される行動をしていないかチェックしよう

深刻なパワハラ事例がある一方で、何気ない行動が誤解されるケースもあります。なかには歯科医師や先輩スタッフが自分の業務に追われて対応がぞんざいになってしまった例や、コミュニケーションを取ろうとこまめに話しかけたらしつこいと受け取られてしまった例があるそうです。自分の行動に思いあたるものがないか、チェックしてみましょう。

  • ほかのスタッフや患者さんの前で、ささいなミスや勘違いを激しく叱る
  • 家族や交際相手、休みの理由について根掘り葉掘り聞く
  • 机やカバンの中、スマホなどを勝手に見る
  • 自分が忙しいとあいさつを返さず、会話もしない
  • ほかのスタッフに仕事を手伝ってもらうことを禁じている
  • 勤務終了間際に、時間内に終わらない量の仕事を依頼する
  • ひとりでは無理な量の仕事を依頼する

意図的な行動ではなかったとしても、相手の受け取り方によってはパワハラだと思われてしまいます。後輩の気持ちに配慮した行動や言動を心がけてください。

パワハラと誤解されないために気をつけるべきこと

それでは、パワハラと誤解されないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

  1. 仕事を任せるときは内容をしっかりと説明し、ミスがあったら話し合う
    後輩に仕事を任せるときには、まずその目的や手順をていねいに説明します。万が一ミスがあっても頭ごなしに叱ったり、非難したりしないようにします。きちんと相手の言い分を聞き、納得がいかなくても感情的にならず話し合いましょう。
  2. 仕事上でのサポートには必ず感謝する
    後輩が仕事上で何かしてくれたときは、必ず感謝の言葉を伝えましょう。そうすることで、お互いの信頼関係が高まります。結果、一方的に誤解されるようなことは少なくなるはずです。
  3. できるだけプライベートには干渉しない
    スタッフが少人数の歯科医院は人間関係が近くなりやすく、パワハラと誤解されるようなことが起きやすい環境かもしれません。仕事への悪影響がないのであれば、プライベートについて詮索しないほうがいいでしょう。

仕事上の立場に上下関係があったとしても、気持ちよく働くためのベースとなるのは個々の人間関係です。相手を人として尊重し、礼節を尽くす気持ちを忘れてはいけません。

いざというときのために相談窓口を

歯科医院の経営者はパワハラに関する正しい知識を身につけ、万が一のときに適切な対応ができるようにしておきましょう。また、事前に相談の窓口を決めておくことも大切です。

いかがでしたか?タカラベルモントは先生と一緒にこれからの医院づくりについて考えさせていただきます。いつでもお気軽にお声掛けください。