治療しても痛みがなくならないのはなぜ?「こころ」と歯科の関係

治療が終了しているにもかかわらず、歯や歯茎の痛み、義歯の違和感、口の中の不快感に悩まされることがあります。しかし、歯科医院で診察を受けても異常が見つからないケースもあるようです。今回は、このような患者さん向けの治療法をご紹介します。

治療をしても症状が治まらない場合は歯科心身症の可能性が

歯や口腔内の治療を終えて、特に異常がないにもかかわらず、さまざまな不快な症状が治まらないという患者さんが増えています。しかし、その多くが歯科医院で診察を受けても異常が見つかりません。そのため、精神科や心療内科を受診するものの、担当医は口の専門家ではないため解決には至らず、症状を抱えたまま八方ふさがりになってしまうのです。

歯や口腔内に原因がない場合、このような症状は「歯科心身症(口腔心身症)」の可能性があります。身体はこころの影響を強く受けるため、感情の変化や社会的なストレスが、歯や口腔内の不快な症状を引き起こすのです。

歯科心身症の原因は?

心身症は、心理的・社会的要因によって身体にさまざまな症状が起こる病態です。心身症の中でも歯科の治療対象である顔・顎・口腔内に症状が出た場合に、歯科心身症と認められます。

顔や顎、口腔内は知覚神経が多く、敏感なところです。そのため、特定の神経が過敏になったり、感覚の錯誤(間違い)が起こったりして発症すると考えられています。症状を感じる部位の治療では治らず、また原因を突き止めることが難しいため治療が長期化することも多いようです。

歯科心身症を治すには?

自分が歯科心身症かもしれないと思ったら、専門の歯科医院、大学病院や総合病院で診てもらいましょう。そうした病院では、症状の経緯や特徴などを詳しく聞いたうえで、顔や顎、口腔内に病気がないかどうかを確認し、場合によっては心理面の検査を経てから、最終的な診断を下します。

歯科心身症の主な治療法

歯科心身症と診断された場合には、主に以下の2つの治療法があります。

1.心理療法(サイコセラピー)
担当医やカウンセラーによるカウンセリングを受けます。歯科心身症の患者さんの多くは症状を意識しすぎて、感覚が過敏になってしまいます。患者さんは、カウンセリングを通じて症状を意識しすぎていることを認識し、その意識を変えていくことになります。また、行動を変えていく方法もあり、ケースによって適切な方法が選ばれます。

2.薬物療法
精神に働きかける「向精神薬」を服用します。精神に作用する薬に抵抗を感じるかもしれませんが、心身症は脳機能の不調から起きることが分かってきているため、向精神薬は高い効果が期待できるのです。また、副作用についても薬の知識に長けた医師であれば大きな心配はありません。薬の服用から1カ月程度で効果が現れる方もいれば、半年~1年以上の通院が必要な方もいるので、すぐに目に見えるような効果を感じられなくても焦りは禁物です。
少しでも症状が改善されたところに注目し、全体ではいい方向に向かっていることを認識すれば、治療の効果も出やすくなります。

歯科心身症の可能性を感じたら早めの受診を

「ストレスは万病のもと」「病は気から」などといわれるように、こころの問題が歯や口腔内のトラブルを引き起こすことがあります。治療を終えても痛みや違和感が消えない場合は歯科心身症の可能性があるので、早めに専門の医院で受診しましょう。