痛くなる前にケア!治す時代から予防する時代へ

日本では、歯にトラブルが起きてから歯科医院に行く人が多いかと思います。それに対し、欧米では歯のトラブルを予防するために歯科医院に通う傾向があります。いつまでも自分の歯で食事を楽しめるように、歯科医院に通う目的を「治療」から「予防」に変えてみませんか?

虫歯や歯周病の予防は歯科医院でのケアが必要

虫歯と歯周病は、歯のトラブルの代表格です。それらを予防するには、毎日のていねいな歯みがきはもちろんですが、歯科医院でのケアが大きな効果を生みます。その具体例を以下でみてみましょう。

  • 歯石の除去で歯周病予防
    歯の表面についた歯石は、歯周病の原因になります。歯科医院で定期的にクリーニングを受けて、歯にこびりついた歯石を取り除くことが必要です。
  • 初期の虫歯を発見してダメージを最小限に
    初期の小さな虫歯を発見し早期治療することで、歯の大きなトラブルを防ぐことができます。

どれだけ自分でケアをしているつもりでも歯のトラブルは起こります。歯科医院で定期的にケアを受けることで、より効果的に歯のトラブルを予防できるのです。

日本人とアメリカ人では歯科医院に行く理由に大きな違いが

日本は病気になっても安く治療を受けられる国民皆保険制度のため、歯のトラブルが起きてから歯科医院で治療を受けるという方が多くいらっしゃいます。そのような背景からか、歯科医院で定期的に歯のケアやクリーニングを受けている人はまだまだ少ないようです。

しかし、アメリカでは多くの方が歯科医院で定期的に歯のケアやクリーニングを受けています。これは国民皆保険制度ではないために治療費が高額になるという事情のほか、歯の美しさが社会的評価となる文化的な背景もあるといえるでしょう。

虫歯や歯周病予防に効果的な方法は?

以下に虫歯や歯周病の予防に効果的な方法を挙げてみます。

  • 歯ブラシ以外のケア用品も使用
    歯ブラシだけでは、全体の6割程度しか磨けないそうです。歯と歯肉の間にデンタルフロスや歯間ブラシを使ったり、奥歯など磨きづらいところにはデンタルタフト(スポットハブラシ)を使ってブラッシングしてみましょう。
  • フッ素やキシリトールを活用
    虫歯になりにくくする効果があるといわれるフッ素が入った歯みがき剤や、キシリトール入りのガム・タブレットを活用しましょう。
  • 定期的な歯科健診
    自分では気づかないお口の問題を発見するために、3カ月に一度を目安に歯科の定期健診を受けましょう。

治療よりも予防を意識して歯の健康を守ろう

健康的な食生活を維持するために、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」と言う運動(8020運動)を日本歯科医師会などが推進しています。この目標を達成するためには、歯のトラブルを未然に防ぐことが大切です。歯が悪くなってから歯科医院に行くのではなく、予防の目的で通院するように意識を変えてみてはいかがでしょうか。